読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えるまろぐ

風車めぐり時々レビュー

【風車めぐり】 第2弾 : 福浦風力発電所

風車めぐり

シリーズでお届けする【風車めぐり】は、全国の風力発電所を訪れた記録を紹介するシリーズ。
どこか普段と違う不思議な雰囲気でいて、風が気持ち良い高台にあることの多い風力発電所
そんな風力発電所の様子や感想などをお届けします。

第2弾は、石川県は能登半島の志賀町にある、福浦(ふくら)風力発電所

DSC_4735

風力発電所データ】
名前  : 福浦風力発電所
場所  : 石川県羽昨郡志賀町
規模  : 21.6MW (2.4MW x 9)
風車数 : 9基
見学設備: あり*
駐車場 : あり
接近  : 不可(県道36号線から管理道入り口でゲート封鎖)
その他 : 展望地図あり

【風車データ】
メーカー : 三菱重工 (日本)
風車型式 : MWT92/2.4
単基出力 : 2.4MW
タワー高 : 70m
ローター径: 92m
増速機  : あり

【アクセス】
道路状況 : 良好(全線舗装路)


地図の中心付近は駐車場の位置を示しています。航空写真に切り替えていただくとわかりやすいです。

国道249号線を金沢方面から北上してきた場合、松ノ木交差点で左折し、県道36号線に入ります。
しばらくいくと、道路左手に見学用の駐車場があり、展望マップや説明看板が設置されています。
県道36号線からそれぞれの風車への管理道路が延びていますが、入り口でゲートにて封鎖されているため、風車に近づくことはできません。
この駐車場からは山越しにいくつかの風車をみることができます。

DSC_4722

DSC_4719

DSC_4721

DSC_4736

この風力発電所の風力タービンは、国内メーカーである三菱重工製です。
たった9基で21.6MWの出力を誇ることからもわかるように、
単機あたりの発電量は国内でも大きな方で、1基で2.4MWの出力があります。
それゆえ、ローター径92m、タワー高さ70mと国内では大型の風力タービンです。
また、ナセルに増速機を備えているため、ナセル自体もかなり大きなものになっています。

残念ながら風車に近づくことができないため、その大きさを体感することは難しいですが、駐車場からでもその大きさはなんとなくわかります。
ただし、見学用の説明看板や、展望マップの設置はありがたいですね。

能登半島は大変気持ちの良い道が多いので、ドライブのついでに訪れてみると良いかもしれません。


*見学設備とは、説明用看板などが設けてあるか、見学のために近づけるようになっているかなど、見学者を受け入れる用意があるか、見学者が訪れる前提で発電所が整備されているかどうかを指しています。

「注意事項」
・施設を訪れる場合の参考にしていただくのは構いませんが、実際に訪れておきた事故等の責任は一切負いません。各自判断のうえ自己責任でお願いします。
・立入禁止区域等には絶対に入らないようにしましょう。