えるまろぐ

風車めぐり時々レビュー

【風車めぐり】 第43弾 : 面ノ木風力発電所

シリーズでお届けする【風車めぐり】は、全国の風力発電所を訪れた記録を紹介するシリーズ。
風力発電所の様子や感想などをお届けします。

第42弾は、愛知県豊田市稲武町の井山(いやま)にある、面ノ木風力発電所

DSC08629

風力発電所データ】
名前  : 面ノ木風力発電所
場所  : 愛知県豊田市稲武町井山
規模  : 1.8MW (0.6MW x 3)
風車数 : 3基
営業開始: 2005年2月
見学設備: あり
駐車場 : あり
接近  : 可
その他 : 休憩所、案内看板

【風車データ】
メーカー : ENERCON (ドイツ)
風車型式 : E-40
単基出力 : 0.6MW
タワー高 : 46m
ローター径: 44m
受風方式 : アップウィンド
増速機  : なし

DSC08658


【アクセス】
道路状況 : 舗装路

地図の中心付近は、風車の位置を示しています。
衛星画像に切り替えたり、ズームアウトしたりするとわかりやすいです。

愛知県豊田市稲武町の井山の東麓、面ノ木牧場内に風車があります。
茶臼山高原道路の面ノ木ICで降りると面ノ木園地があり、その隣に少し広い駐車スペースがあります。
その道向かいに面ノ木牧場への入口があります。

DSC08588

無断での立ち入りが禁止されているので、見学で訪れる際には事前にいなぶ観光協会に連絡をする必要があります。
問い合わせたところ、基本的に風車見学目的での立ち入りは許可しているが、注意事項の伝達のため事前に連絡をしてほしい、とのことでした。
火災予防のため火を使わないこと、ゴミをすてないことなど、基本的な注意事項を伝えられた後、快く承諾していただけました。
連絡先: 豊田市稲武支所 いなぶ観光協会 TEL: 0565-83-3200


DSC08641

山の上の開けた牧場地帯に、3本の丸みを帯びた風車が立っています。
見通しがよく、すぐに登れる井山に上がれば、風車を高い位置から見渡すこともできます。
とてもすがすがしい場所でした。
茶臼山のお隣、豊田市の井山(いやま)という山ですが、電波的に好条件の場所のため、色々な無線設備の中継所が並んでいます。
現在はこの場所では放牧は行われていないようで、牧場設備があったと思われる跡地がありました。
また、簡単な小屋が建てられていて、面ノ木休憩所 となっていました。
小屋の前には風車の案内看板、小屋の中には発電量を示す案内板が設置されていました。
小屋の中にある発電量の表示版は、同じものが「道の駅どんぐりの里いなぶ」にも設置されています。

DSC08664

DSC08622

DSC08628

DSC08689

DSC08671h

DSC08657

DSC08659


この風力発電所の風車は、エネルコンのE-40が使用されていました。
出力は0.6MWの小型の風車です。
ナセルとハブが卵型になっているのが特徴的な風車です。
これと似た卵型のナセルのE-48と違い、ブレードの接続部は丸くなっており、ハブとブレードが一体になるデザインにはなっていません。
こちらのほうがかわいく見える気がします。


DSC08649

DSC08691

DSC08642

DSC08645



アルバム: [面ノ木風力発電所]
20170617 面ノ木風力発電所


*見学設備とは、説明用看板などが設けてあるか、見学のために近づけるようになっているかなど、見学者を受け入れる用意があるか、見学者が訪れる前提で発電所が整備されているかどうかを指しています。

「注意事項」
・施設を訪れる場合の参考にしていただくのは構いませんが、実際に訪れておきた事故等の責任は一切負いません。各自判断のうえ自己責任でお願いします。
・立入禁止区域等には絶対に入らないようにしましょう。
・当ブログは風力発電の是非について問うものではありませんし、特定の意見もありません。そのような観点からのコメント等は受け付けておりません。